後藤 望友(ごとうみゆ)

1986年生まれ。宮崎県出身。 3歳より音楽に親しむ。中学校時代の曲がYAMAHA主催IJOCに日本代表として選ばれ、 出演。以来、専門的に作曲を始める。


平成18年、東京藝術大学作曲科に入学。その後、旧奏楽堂にて室内楽「4人の奏者に よるdevelopment」が初演されたのを皮切りに、翌年には広上淳一氏指揮によりオー ケストラ作品「Rhapsody for orchestra」が初演されるなど、各方面で多数作品が演奏 されている。クラシックの委嘱作品の他、J-popからドラマ音楽、CM音楽までジャン ルを問わず活躍している。


平成24年、東京藝術大学大学院作曲専攻を卒業。卒業時に同大学より成績最優秀者に贈 られるアカンサス音楽賞を受賞。 現在、芸大同期との音楽ユニットMUSIKROWNとしても活動中。

これまでに作曲実技を野田暉行、安良岡章夫の各氏に、作曲理論を尾高惇忠、 市川景之、斉藤武、ピアノを中尾純、清水嘉子、太田雅子の各氏に師事。 県吹奏楽連盟より吹奏楽賞受賞。 TIAA全国作曲家コンクール審査員賞受賞。 洗足現代音楽作曲コンクール第1位。

● 主な参加作品

ドラマ  "冬のサクラ"  "犬を飼うということ"   NHK みんなのうた50周年番組 NHK全国植樹祭 高垣彩陽ソロCD Melodia 初ソロコンサート(東京国際フォーラム、グランキューブ大阪) にてアレンジャー兼ピアニストして出演
Hills サイエンスダイエット, 味の素 Cook Do など 各CM 音楽 吹奏楽作品 各音楽教育出版物

http://miyu-goto.com/