西藤ヒロノブ

宮崎県生まれ。
大学卒業後、バークリー音楽大学(ボストン)へ奨学金を得て、1999年より渡米する。
2002年、アメリカ、ヴィクトリア・トラベル社のCM曲に参加。同年3月、バークリー音楽大学ギター科全生徒を代表して、
ピーター・バーンスタインとデュオ共演。Joe Lovano, Mick Goodrick, Richie Hart, Hal Crook , 小泉清人に師事する。
2003年、Guitar Achievement Awardを受賞する。
2004年、デビューCD「The Remaining 2%」が、スペインのレーベル、フレッシュサウンドレコードより、
日本人初のアーティストとしてワールドワイドリリースされる。
2004年より毎年、「Hironobu Saito Group」として、ブルーノートNYに出演。
2008年8月&12月"Late Night Groove"シリーズにおいて、ブルーノートNYに出演。
2006年、2nd Album「The Sea」、シングルレコード盤「Formentera Sea」を1000枚限定でリリース。
2007年、Su Su Bobienの歌っている「Set Free」、Stevie Wonderの「As」(ともにtakaya's afroyoker's mix)の
リミックス(traxsource record - Miami/USA)に参加。
House+Jazzの融合したシングル「Jungle」をリリース。
2008年、3rd Album「The Rain」をリリース。
現在自己のグループの他、FM Tribe (アフリカンジャズ) (NY)、APT 7など様々なユニットでも活動中。
また、音楽出版業者ATNの教則本翻訳家としても活動している。
アイバニーズギター(Ibanez Guitars)エンドースメント契約アーティスト。
2008年、西藤大信のオリジナルギターモデル「The Sea」が完成する。ギターシンセを搭載したオリジナルブルーのギター(アイバニーズ社では初の国内セミアコギターモデルであり、また、初のラッカー塗装を試みた作品。)がアイバニーズ社(www.ibanez.com)より制作された。
2009年9月、世界3大ジャズフェスティバルの1つであるモントレージャズフェスティバルに自身のカルテットで出演。
2009年、アコースティックギターをYAMAHA, ウクレレをKoalohaと契約する。
2011年、第23回ミュージックペンクラブ音楽賞ベスト・ニュー・アーティストを受賞。
現在ニューヨークを拠点に、ヨーロッパ、北中米、アジア各国、日本など、、、演奏や作曲活動を精力的に世界中ボーダレスに展開している。

http://www.hironobusaito.cc/