吉本章紘(ts/fl)

テナーサックス・ソプラノサックス・フルート奏者、作曲家

 

1980年生まれ、神戸市出身。12歳でテナーサックスを始め、甲南高校ブラスバンド部にてジャズに出会う。

2005年、バークリ音楽大学の演奏科を卒業。在学時、George Garzone, Frank Tiberi,  Joe Lovano の各氏に師事。

2006年に東京に移り、鈴木勲Group、角田健一Big Band、内堀勝Big band、岸ミツアキGroup などに参加。
2007年、横浜ジャズプロムナード主催ジャズコンペティションにてバンド部門 グランプリ受賞。

2010年10月、Aaron Choulai Quintet のメンバーとして『Wangaratta Jazz Festival 2010』(オーストラリア)へ出演。

2010年、吉本章紘カルテットを結成し『Blending Tone』(2012年)、『Moving Color』(2015年) の二作品をリリース。

「先鋭的なコンテンポラリー・ジャズから伝統的なブルースまで、違和感無く同居し、聞き手の心に自然に響く魅惑のテナー」評価され、NHK FM SESSION 2013、NHK FM  JAZZ TONIGHT 2016、横浜ジャズプロムナード2017 @NHK 横浜放送局公開収録 などに出演。

2014年5月、高槻ジャズストリートにて、グラミー賞受賞ジャズシンガー Diane Schuur氏のグループに参加。

2018年4月、Billy Childs Quartet、ブルーノート東京公演に、2日間参加。

現在、自己のプロジェクトである『吉本章紘カルテット』『深海魚』『Oxymoron Duo』 の活動の他、大西順子セクステット、小林桂 Quintet、Aaron Choulai Group、山田拓児 "Folklore"、広瀬未来 Group、Soalte Sax Ensemble 等に参加。

また、世界最大規模の作曲コンテスト『International Songwriting Competition 2014』では、自作曲がファイナリストに選出。

 

https://www.akihiro-yoshimoto.com/