@NEW RETRO CLUB

オリジナル ライブ ストア vol.2

~今年もオリジナルで勝負だ!~

オリジナル曲を中心に、宮崎県内外で活躍するアーティスト達が集まったライブ・イベント!!

昨年の夏、第1回目が好評で今年も2回目を開催する事になりました!

今回も素晴らしいアーティストが出演します。

ジャンルもロックからポップス、ジャズと多彩!

あなたの心に残る歌にきっと出会えるはずです!

------------------------------

さぁさぁやってまいりました!今夜ここニューレトロクラブで行われるライブイベントはこちら!『オリジナル ライブ ストア vol.2~今年もオリジナルで勝負だ!~

オリジナルライブストアと言いますとその名の通り、自分達のオリジナル曲を持っているバンドさんを集めたライブでございます!宮崎には他にも素晴らしいオリジナルバンドさんが沢山居るのですが、今回は若手からベテラン勢まで実力派な5組のバンド・アーティストさんに出演して頂きました!ありがとうございます!お客様の中には、今日初めて見る、聴く音楽達の中で自分好みのバンド・アーティストさんにもきっと出会えるんじゃないでしょうかね?!

そんな盛り上がる事間違いなしな今夜の素晴らしいライブイベントのラインナップは・・・

アポウズ / BIG CRUNCH / BIG FOOT GEORGE / nine minutes older / SAMURAI-RAW

以上のみなさまでございます!ありがとうございます!

最初を飾ってくれたのは、宮崎が誇る西都出身の3ピーズロックバンド『BIG FOOT GEORGE』。大分昔からあるバンドさんで、メンバーチェンジを繰り返しながらも安定したライブパフォーマンスと楽曲が印象的ですね!宮崎の数々のイベントやライブで見る機会多いバンドさんだと思います!今日はベテラン勢が多い中、若干緊張の色を隠しきれてませんでしたが、流石、今までの経験、場数を踏んでるだけあって、1曲目のギターイントロの曲から入った瞬間に、場の雰囲気が彼らの世界観に変わり、一気にお客さんを持っていきましたね!バンドとしてもまとまっていて楽曲もポップでエッジがあって凄くかっこよかったですね!

続いて登場してきたのは『アポウズ』。一言で言うとその独特な世界観と空気感で異彩を放っているバンドさんで、ステージに彼らが立つだけで、そこはアポウズワールド。リズム隊だけ普通の格好なんですが、ボーカル、ギター、キーボード・コーラスの3名のインパクトが強すぎてどこを見ていけばいいのか迷うほど!統一感のあるのかないのか分からない、これは是非是非ライブを見ないと良さが分からないバンドさんですね!どんな音楽をするのか??とても期待するところですが、これまた60,70年代のサイケデリックロックを日本バージョンにしてみました的な、見た目はぶっ飛んでますが、肝心の音楽面では、さすが音楽を知っている人達のバンドさんなんだなと思いました!なんだかんだつかみOKでとても盛り上がりました!!

3番目に出演してくれたのは、『BIG CRUNCH』。サックスプレーヤー松本俊郎率いる、宮崎が誇る実力派バンド。メンバーを見るとそれ卑怯やん~!ってなるほどの実力者達。プロで活躍されている方もいるので、一級品のテクニックは折り紙つき。元々は同期モノと言われる、打ち込んだ生じゃない音に、生バンドの音も加わって、ライブをするスタンスですね。ジャンル的に細かい区分は難しくて出来ませんが、しいて言うなら、エレクトロなジャズ・フュージョンバンドさんではないかなと個人的には思ってます!しかし、今夜はそのエレクトロの部分を封印し、新加入のピアノ・キーボード、宮崎を拠点に活動されているプロジャズピアニストの今村さつきさんが加入してからの初ライブとなりました!いかに打ち込み、エレクトロな部分を生楽器だけで表現していくか、日々成長していくバンドのライブは本当に圧巻の一言。すごいものを見ましたね。凄すぎて一曲一曲毎に溜め息がでちゃいます(笑)

次に登場してくれたのは、ご存知、ミキちゃんをフロントマンに従える『nine minutes older』。今日出演していただいたバンドさんの中で最近は一番ライブをこなしているであろうバンドさんの一つだと思います!それもそのはずで、一曲めの一発目の音からドーンときて、かなりバンドとしてまとまっていると印象付かせてくれます!各個人の音のバランスや音色なども狙ったかのように本当にバッチリで、ちょっと昔のニューウェーヴやパンクロックをふんだんに散りばめられた楽曲が印象的ですね!ノリノリのロックンロールから、ちょっとアダルティーのもの、哀愁を漂わすノスタルジックなものまで。ジャンルに囚われない幅のある楽曲、しかもnine minutes olderらしさがありますね。いつ聴いても印象に残りますね!今日の30分があっという間に感じるのほどの良さ、今日の安定したライブパフォーマンスは本当に流石ですね!

今日のトリを飾ってくれたのは、『 SAMURAI-RAW』。もはやレトロではnine minutes olderと共に説明不要のロックバンドさんです!ロックといえば、SAMURAI-RAW。 SAMURAI-RAWといえばロックなぐらい一度聴いちゃうとクセになりますね。清清しいくらいのストレートなロックサウンドで、洋楽のような歯切れの良くエッジがたっている、アメリカンサウンドなロックを今日も聴かせてくれましたね!真面目か真面目じゃないのか良く分からないライブパフォーマンスも彼らの良さの一つで毎回ライブ前になるとネタを考えまくりという裏話まで。その砕けたMCとおふざけタイムもありーの。個人的には全然ロックじゃない、なぜかラップ調の曲「吉田羊」がオススメです。ドラムのイデさんが歌って、ギターのケンヤさんがドラムをするという異色な曲、クセになります!しかしそれ以外の曲は始まった途端にメンバー目の色が変わってめちゃくちゃかっこよくなって、なんというかふり幅が凄いです!(笑)本当にバッチリと最後はかっこよく決めてくれて、今日のオリジナルライブストアのトリに相応しいバンドさんでしたね!

出演者、関係者のみなさま本当にお疲れ様でした!そして足を運んで頂いたお客様本当にありがとうございました!定期的に行われるオリジナルライブストアからこれからも目が離せませんね!

--------------------------------------------------

*ライブ・イベント写真はページ上のフライヤー、もしくは下の『30days ALBUM』をクリックしていただければ見ることができます!

イベントアルバム公開中